人間不信と自虐行為

題名から暗くてすみません

カナダ留学の楽しい日々から一転、婚約者の彼との仲が悪くなり

一緒に住めなくなった私は1人暮らしを始めました


身一つで引っ越したので、何もありません

そんな時に助けてくれたのが、高卒で入社した会社の

先輩と同期の友人



何日分かの食料を買い、様子を見に来てくれました

そして、先輩のおじちゃんから言われた言葉が私の中に響きました

「お前が本当に困った時にどういう行動をとるかで男を判断しろよ」



そう、あれだけ私にぞっこんだった彼は私が出て行っても何も変わらず

別れるとか別れないとか話し合いもせず

私の存在を消したかの様に放置状態でした



私が逃げる様に住む家を探して見つけた部屋の隣の隣には

たまたま会社の同僚の飲み仲間だったMさんが住んでいました

私が引っ越したその日にお互いが同じアパートだということに気づき

ました。


Mさんは「あれ?どうしたの?一緒に住んでなかった?」


私「いろいろあって。そのうち話すね!」


そっか、彼はまだ誰にも話してないのかな・・・これからどうするつもりだろう・・・

とりあえず安息の地を求めて引っ越したけど、先のことが分からなすぎて不安でした



その後、発覚した衝撃の事実が私を人間不信にさせました



先輩の家で食事をしてる時に、その事実を聞かされました


先輩「あのね、○○君、何してるかわかる?」


私「いいえ、どうしたんですか?」


先輩「知らないのかー。うちの会社ではみんな知ってるよ」


私「え?なんですか?」

ドキドキする私・・・


先輩「○○君、Mさんと付き合ってるんだよ」


私「え??」

血の気が引いていきました



そう、Mさんは私が1人暮らしをしている部屋の隣の隣に住む女(失礼!)

そして、彼と私とMさんは元々飲み仲間のグループ



どうやら、彼は私がカナダにいる間に寂しすぎてMさんにちょくちょく相談を

していたそうです(良くある話よね)

そこから、だんだん仲良くなり、私が日本に戻る前にも度々デートをしていたそうです




かなりショックすぎたし、Mさんと同じアパートに住むという運命の恐ろしさに

震えがきました




その後Mさんにメールをし、問いただしました

初めは、なぜかキレ気味で

勘違いしないでください!言いよってきたのは○○さんからです

と送ってきましたが


何度かやり取りしているうちにMさんは、

本当にごめんなさい

そんなつもりじゃなかった

○○さんは本当にあなたを大事に思ってたんです

2人が仲良くてすごく羨ましかったしお似合いだったから

私は身を引きます



えーーと、すでに遅いですよ?

って感じでしたが、あまり責めても可哀想だし

私も彼を放置していたのが悪かったんだな・・・と思い

もう連絡するのをやめました



その後、彼が落ち着いてる時に何度か会って

Mさんのことも話しましたが、彼も開き直っていて

もう彼女とは会ってないと



じゃ、私とはどうしたいの?と聞くと

「分からない」

の一点張り



私も別れる!と言ってさっさと離れればいいものを

なぜか切るに切れず、彼とのほんの少しの可能性を

捨て切れずにいました

今思うと、なぜ別れなかったんだろう・・・と疑問ですが




元々親の影響で男性不信はありましたが

唯一裏切らないだろうと思っていた彼の裏切りと

女友達の裏切りに人間不信になりました



そこからは、もうどうでもいいや〜と自虐的になり

好きでもないのに寄ってくる男性とデートする日々を

過ごしていました



好きじゃないけど、別にいーや

どーせ、裏切られるんだし

完全にビジュアル分析学でいうとナイーブといういじけの気質でした



そんな日々を半年くらい続けた時に、会津にいる意味ないな〜とふと思い

東京に住んでみようと物件を探し始めました





響のありんこ占い寺子屋

占い師の響です。アリ地獄にはまって脱出できないありんこの様に不幸のループから脱出出来なかった私の人生。脱出するべく進んだ方向は占い師。本気で人生変わりました。脱出できなかった理由は自分の気持ちに嘘ついて抑圧していた&自分自身を知らなすぎた事。同じ様に負のループから抜け出したい人沢山いるはず。そんな人に占いをきっかけにして脱出して欲しい。毎日楽しく笑顔で過ごして欲しいという想いで書いてます。

0コメント

  • 1000 / 1000