留学〜テディベアと一途な彼氏

カナダのバンクーバーに留学した私

住む場所は、英語学校の寮でした

寮といっても大きな一軒家に男女合計12名程住める家

1部屋に2人〜3人で寝る形ですが、日本人と韓国人が8割

時々メキシコ人やブラジル人が入って来る感じでした



私は1番大きな部屋で韓国人の女の子2人と同屋になりました

室内にはシャワールームとトイレが各部屋についていて、1階には

大きなリビングとキッチン、暖炉(電気式)もあって海外!って感じです



当時私は、※ビジュアル分析学的にパーフェクトの気質があったので

潔癖症な部分がありました。

※ビジュアル分析学については、またブログ書きますがパッと見たときに

その人の本質を見抜く技術です



なので、絨毯のゴミとか髪の毛とか前の人が使っていたベット、トイレなど

すごい気にはなったのですが、郷に入っては郷に従う

しかも、それがあまり気にならないほど緊張もしていたし

基本、寮の中では英語オンリーがオキテ



中学生の時は英語が得意でしたが

高校は一切勉強せず

英語のレベルはイエスノーまくら❤️くらい



しかも、初めて1人で海外

仲が良い寮生徒の中にポンと入る

英語喋れない

正直帰りたいと思いましたよ



寮から日本に電話をかける時には、自国の言葉を使って良いルール

私は母、兄、彼に電話をしました

さみしーーーーー

英語わかんなーいい

帰りたーーーーーーい



母と彼と兄の奥さんだけは

大丈夫?帰ってきてもいいんだよーと優しい言葉をかけてくれましたが

兄だけは。。。

は?お前が行きたいっていったんだろ?

死ぬ気でやってこいよ!

と言い放ちました



ガーーーーーーん!

あ、ゴーーーーーーーん!だったかなー(どっちでもいいよ)



でも、その言葉に兄の深い愛を感じ

そうだったよ

私が言ったんだよね

気合い入れて頑張るわ!

とやる気になりました

ありがとう!無愛想なお兄ちゃん♪



そうは言っても、話せなかったことで伝わらずに

どうしていいか分からないことも沢山あったし

強気な感じで話して来る男子に

腹から声出せよ!(英語で)とお腹をパンチされて

悔しすぎてベットでしくしく泣いたりしていました



そんな私でしたが、3ヶ月ほど経った頃から

本性を表しはじめました

殻に閉じこもっていたちっちゃいおじちゃんが

海外でフィーバーするイメージです(イメージしにくいなー)



そりゃもう周りも驚くくらい元気ハツラツ!バンクーバー!

学校でも人気者になり、メキシコ人の友人がワンサカできて

仲の良い日本人とメキシコ人の友人とつるみ

サルサ踊りまくりでした♪



ベットでシクシク泣いてた人がサルサ踊りまくりの

テキーラぐいっ!ですよ

そりゃ調子にのりますよ



結局バンクーバーには10ヶ月滞在したのですが

その間に彼氏が2回遊びに来てくれましたが

1回目→殻に閉じこもっていたちっちゃいおじちゃん状態

2回目→サルサ踊りまくりのテキーラぐいっ!状態



その変化に困惑していたと思います

しかも、2回目の時には私の洋服を日本から持って来てもらったのですが

あまりにも太りすぎて、ほとんどズボンは履けない

と言う悲しい結果に。。。

ほとんどを持って帰ってもらいました



バンクーバーに来た当初は、半年だけ勉強して

英語をある程度習得して彼の元に戻り、結婚するわ♪

と思っていたのですが



まー人は変わるものですね

英語の勉強そっちのけで、メキシコ人と踊りまくり

もうちょっとだけ、もうちょっとだけと怪しいオヤジのように

ちょいちょい期間を延期して10ヶ月まで延長

さらに、カナダといえばテディーベアーですが

自分の体型もテディーベアー仕様に仕上げました



楽しすぎた10ヶ月

こんなに楽しい日々が終わってしまうのかと思うと

悔しくて悲しくて友人とも離れたくありませんでした

もうその頃には、彼との結婚にワクワクしていなかったと思います



日本では、私がやっと帰って来るとワクワクして待っている彼

ずっとカナダに居たいと願う私

こんな2人が幸せな結婚できるのでしょうか?




響のありんこ占い寺子屋

占い師の響です。アリ地獄にはまって脱出できないありんこの様に不幸のループから脱出出来なかった私の人生。脱出するべく進んだ方向は占い師。本気で人生変わりました。脱出できなかった理由は自分の気持ちに嘘ついて抑圧していた&自分自身を知らなすぎた事。同じ様に負のループから抜け出したい人沢山いるはず。そんな人に占いをきっかけにして脱出して欲しい。毎日楽しく笑顔で過ごして欲しいという想いで書いてます。

0コメント

  • 1000 / 1000